MENU

img01
HOME > ROOFTGについて > 会社沿革
ROOFTGについて MENU
  株式会社イコタイル AHI ROOFING LIMITED
1954
  創業者のLou Fisher 氏が、第2次世界大戦中に英国で使用されていたアスファルト皮膜の鉄クラッドに着目し、屋根材に応用
1957
  フィッシャー屋根材がオークランドで製造開始(世界初のプレス成形加工の鋼板屋根材)
1967
  インターロック工法を開発
1960-70
  ストーンチップと独自のコート剤を開発
1970s'
  ヨーロッパへの輸出を開始。ヨーロッパの2工場と技術ライセンス契約を締結
1980
  耐候性向上のためのアクリルコート剤を開発
1980s'
  アジアへの輸出を開始。マレーシアの工場と技術ライセンス契約を締結。
1989
  ジェラード社(米国以外の)を買収
1989
  米国で工場を設立
1981-94
  世界各地にてセールスオフィスを設立
1995
  屋根材の耐久性を向上する為に、ガリバリウム鋼板を採用
1997
親会社メトロタイルヨーロッパ社事業開始 ヨーロッパ・アフリカ・中東での販売開始  
1998
ベルギートンゲレンにて製造開始 オーストラリアのタスマン・ビルディング傘下入り
2003
  ニュージーランド大手総合建設建材会社 、フレッチャービルディングの傘下入り
2005
  マレーシアにおいて技術ライセンス契約工場取得
2008
新工場建設 生産設備7,500㎡ 年間生産量150万枚に拡大  
2012
生産設備 13,500㎡ 年間生産量500万枚に拡大  
2013
生産設備 22,000㎡ 年間生産量1,500万枚(生産キャパ2,000万枚)に拡大。株式会社イコタイル誕生。日本での販売開始。ブランド名"Valitile"米国販売開始。  
2018
  カナダ大手屋根製造会社イコインダストリー社傘下入り
2019年3月
株式会社イコタイルが株式会社ルーフタイルグループジャパンに商号変更  
2019年7月
株式会社ルーフタイルグループジャパンはAHI ROOFING LIMITED日本事業を事業譲受する。 AHI ROOFING LIMITED日本支店は株式会社ルーフタイルグループジャパンに事業譲渡する。
  株式会社イコタイル
1997
親会社メトロタイルヨーロッパ社事業開始 ヨーロッパ・アフリカ・中東での販売開始
1998
ベルギートンゲレンにて製造開始
2008
新工場建設 生産設備7,500㎡ 年間生産量150万枚に拡大
2012
生産設備 13,500㎡ 年間生産量500万枚に拡大
2013
生産設備 22,000㎡ 年間生産量1,500万枚(生産キャパ2,000万枚)に拡大。株式会社イコタイル誕生。日本での販売開始。ブランド名"Valitile"米国販売開始。
2019年3月
株式会社イコタイルが株式会社ルーフタイルグループジャパンに商号変更
2019年7月
株式会社ルーフタイルグループジャパンはAHI ROOFING LIMITED日本事業を事業譲受する。
  AHI ROOFING LIMITED
1954
創業者のLou Fisher 氏が、第2次世界大戦中に英国で使用されていたアスファルト皮膜の鉄クラッドに着目し、屋根材に応用
1957
フィッシャー屋根材がオークランドで製造開始(世界初のプレス成形加工の鋼板屋根材)
1967
インターロック工法を開発
1960-70
ストーンチップと独自のコート剤を開発
1970s'
ヨーロッパへの輸出を開始。ヨーロッパの2工場と技術ライセンス契約を締結
1980
耐候性向上のためのアクリルコート剤を開発
1980s'
アジアへの輸出を開始。マレーシアの工場と技術ライセンス契約を締結。
1989
ジェラード社(米国以外の)を買収
1989
米国で工場を設立
1981-94
世界各地にてセールスオフィスを設立
1995
屋根材の耐久性を向上する為に、ガリバリウム鋼板を採用
1998
オーストラリアのタスマン・ビルディング傘下入り
2003
ニュージーランド大手総合建設建材会社 、フレッチャービルディングの傘下入り
2005
マレーシアにおいて技術ライセンス契約工場取得
2018
カナダ大手屋根製造会社イコインダストリー社傘下入り
2019年7月
AHI ROOFING LIMITED日本支店は株式会社ルーフタイルグループジャパンに事業譲渡する。

取り扱い屋根材ブランド